収録ボタンを押してみた

Tadanobu

ノープランで収録ボタンを押してみたら何が出てくるか実験中 1日1回くらい何も考えずに収録ボタンを押しています 私的なログだったり未来の自分向けタイムカプセルだったり ご意見ご感想はstandfmの配信ページかTwitterで「#収録してみた」タグをつけて発信して頂けるとたまにチェックしております。 Twitterもやっております https://twitter.com/Tadanobu_ read less
Sociedad y culturaSociedad y cultura

Episodios

perplexity.aiが流行らないと思うたった1つの理由
Hace 5 días
perplexity.aiが流行らないと思うたった1つの理由
概要 このエピソードでは、生成AI「パープレキシティ」の使用感と、それを通して見えてきた生成AIの現状や課題について語っています。パープレキシティは、ユーザーが入力した質問に対して適切な検索ワードを生成し、その検索結果を基に回答を返してくれる優れたAIです。しかし、読み方が分かりにくいという理由から、あまり広く使われていないのが現状だと指摘しています。パープレキシティを使ってみた感想として、8割から9割の確率で良い回答が返ってくるものの、それ以上のクオリティを求めるのは難しいと述べています。これは、もっともらしい答えを返すように設計されているためで、生成AIの限界の一つだと考えられます。また、パープレキシティとのやり取りを通して、自分の要望を正確に言語化することの重要性を実感したエピソードでもあります。AIに適切な指示を出すためには、ユーザー側も求めているものを明確に伝える必要があるのです。生成AIの技術は日々進歩していますが、まだまだ課題も多いのが現状です。パープレキシティを使ってみて感じたことを通して、生成AIの可能性と限界、そして私たちユーザーに求められることについて考えさせられる内容となっています。 チャプター 00:00 イントロ 01:01 パープレキシティが流行らない理由 02:04 パープレキシティの使い勝手の良さと愛用している理由 03:11 パープレキシティの回答の質について 04:02 言語化の重要性04:47 パープレキシティとのやりとりが面白い 05:37 まとめ
生成AIで作る概要欄の面白さ
Hace una semana
生成AIで作る概要欄の面白さ
Podcastエピソードの概要 このエピソードでは、音声配信の新たな挑戦として3日連続の収録に挑戦した経験をシェアします。日常に収録時間を組み込む難しさや、オーディオテクニカのマイクを使用する理由、ノープランでの収録が意外と効果的だったことについて語ります。また、生成AIを使った音声配信の効率化や、収録の自動化と編集の裏側についても詳しく解説します。さらに、Perplexityアプリの魅力と使い方、音声配信の概要欄作成のポイント、生成AIと音声配信の未来についても触れます。最後に、音声配信の手順とその楽しさについてもお話しします。 チャプター(時間はおかしいです) 00:00 - イントロ00:04 - 今日の収録開始00:08 - 3日連続の収録について00:15 - 日常に収録時間を組み込む難しさ00:27 - オーディオテクニカのマイクの紹介00:39 - ノープラン収録の効果00:54 - 生成AIを使った音声配信の効率化01:12 - 収録の自動化と編集の裏側01:40 - Perplexityアプリの魅力02:05 - 音声配信の概要欄作成のポイント02:37 - 生成AIと音声配信の未来03:06 - 音声配信の手順と楽しさ03:55 - エピソードのまとめ 参考リンク オーディオテクニカのマイクについてStandFMについてPerplexityアプリの詳細 ハッシュタグ #音声配信 #ポッドキャスト #オーディオテクニカ #生成AI #Perplexity #収録 #編集 #効率化 #日常 #ノープラン
エンジンとモーターを語る
21-05-2024
エンジンとモーターを語る
概要 このPodcastでは、車好きのおじさんが最新の自動車技術について語ります。かつてはターボ車全盛の時代もありましたが、今ではハイブリッド車やEV車が台頭してきています。特にe-POWERのようなシステムは画期的で、エンジンは発電専用、駆動はモーターというのは効率的です。 エンジンは回転数が上下したり、変化するのが苦手ですが、一定回転で使えば効率が上がります。熱効率50%超えも夢ではありません。一方EVは、充電に時間がかかるのと、大容量バッテリーが重くなるのが課題。そこでエンジンとモーターのいいとこ取りをするe-POWERのようなシステムが有望視されています。 将来的にはエンジンは適材適所で使われるようになり、動力としては終焉を迎えるかもしれません。モーターの制御性の高さは魅力的ですからね。技術の進歩で自動車は大きく変わろうとしています。 チャプター 00:00 イントロ00:33 昔はターボ車全盛だった01:32 ハイブリッドやEVの台頭02:12 e-POWERのシステムが画期的03:13 エンジンは一定回転で効率的04:29 EVの課題は充電時間とバッテリーの重量05:07 エンジンとモーターの良いとこ取り06:04 将来のエンジンの立ち位置07:16 モーターの制御性の高さ08:02 技術の進歩で変わる自動車 ハッシュタグ #車好きおじさん #最新自動車技術 #ハイブリッド #EV #e-POWER #エンジン #モーター #次世代車 #熱効率 #パワートレイン